Prev  «  [ 2022/01 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

seikokoufukuron

Author:seikokoufukuron
榎 聖子
メンタルケア・アドバイザー
心理カウンセラー
上級心理カウンセラー
人の幸せって何だっけの疑問から34年、ようやくゴールしました。
様々な経験を積み、弱者に寄り添う姿勢は今だ変わりません。

連絡先
メール hijiriakita@gmail.com
ホームページ メールカンパニー聖

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村
人気ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プライド

幸子はヘルパー歴10年になるベテランヘルパーだった
しかし、ヘルパーの仕事を選ぶにも理由があった

幼少の頃、幸子の家は父親の事業の失敗で家族全員でどん底を見た

今日の食べ物があっても、明日の食べ物の保証はなかった
食うや食わずの生活だった

そんな幸子は学校へ行けず最終学歴が中学だった
中学校を出て働きに出るも、大病をし大学病院で療養生活を送った

気が付いたら36歳になっていた

中学卒業でまして30歳過ぎの職場は皆無に等しい
結婚はしたものの、薬を飲んでいるため子供は諦めた

食えない苦労、学歴がない苦労、病気になった苦労を味わった

残された道は、ヘルパーしかなかった

幸子は「私にだってプライドはある。どん底をみたのだから
後は上がるだけ」と信じた

ヘルパーで、ゴミ出し、掃除、買い物、病院の付き添い、話し相手など
ありとあらゆる仕事を経験した

仕事の苦労を金に変えて生きてきた

ある日の事、幸子の携帯がなった
誰だろうと思ったが、純也からだった

純也は幸子の友人で、高学歴で東京の一流企業で働いていたが
上司からのパワハラに耐えられず退職したと言う

そして、地元へ帰ってきて特養老人ホームに勤めた
いつものことながら、幸子へ自分の心中を打ち明けた

純也は「老人ホームの仕事は、汚い仕事ばかりで給料が安い
もうやめようと思う」という相談だった

幸子は「純也、プライドないのかよ。どんな仕事でも明日の飯が食える
と思えば、最高じゃん。人間、今がどん底と思えばあとは上がるだけだ
と思えば、必ず良いことがあるさ」と笑った

そして、幸子は言う「どんな苦しみ、悲しみに出会っても人間だと言う
プライドは捨てるなよ」と。

そう、幸子は過去の苦労を味方につけて生きている

スポンサーサイト



C

omment

P

ost omment