Prev  «  [ 2022/01 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

seikokoufukuron

Author:seikokoufukuron
榎 聖子
メンタルケア・アドバイザー
心理カウンセラー
上級心理カウンセラー
人の幸せって何だっけの疑問から34年、ようやくゴールしました。
様々な経験を積み、弱者に寄り添う姿勢は今だ変わりません。

連絡先
メール hijiriakita@gmail.com
ホームページ メールカンパニー聖

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
にほんブログ村
人気ブログランキング
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

依存症

秀夫は朝起きては酒を飲み、それが朝から夜中まで続くのだった

秀夫が酒を飲む理由は、現実逃避だった
酒に酔っていると、全てを忘れることが出来るからだ

そんな酒浸りの生活がつづき、体が酒にむしばまれ、不眠の症状が現れた

おそるおそる心療内科を受診する
病名もつき、不眠用の薬も処方された

秀夫は内心、安堵した。いつまでも、そんな生活をしてもいいわけがないと分かっていた

週2回、心療内科へいきカウンセリングをうけた
すると、秀夫に自信がついてきたのである

ある夜のこと秀夫は両親のまえで「自立したいから、一人暮らしをしたい」といった
両親は秀夫の気持ちを尊重し「苦しい時、いつでも帰っておいで」と励ました

秀夫は、実家のすぐ近くにアパートをかり、生活した

まだ、働くまではいかぬが、気が付いたら酒を飲まない日が2年経とうとしていた
しかし、いつまた現実逃避するのかが不安だった

秀夫はだんだん、人に触れてみたいという気持ちが芽生えてきた

主治医のすすめで、病院のデイケアを紹介された
デイケアに参加して、近所の支援センターでおこなわれるバレーボールにも参加した

秀夫の病気は、たちまちのうちに良い方向へ進んでいった

酒を卒業できたのである

秀夫は明かるくおうような性格で、友人ができやすい方だった
いつしか、秀夫の周囲には友人が出来ていった

気が付くと、秀夫は人気者になっていた

秀夫は「依存症。誰もがおちいりやすい病気だ。
でも、必ず出口があるんだ」と笑った

秀夫は現在38歳、第二の人生を謳歌している

スポンサーサイト



C

omment

P

ost omment